Down
MORE
越階の始まりは唐高宗顕慶年間(西暦656- 661年)、今から1350年は、黄鶴楼、滕王閣、岳陽楼と並ぶ唐代文化名楼の一つ。東富乐(山)を迎え、西碧水(寺)、南を眺めて南(山)塔、北まで9庭(科学城)を占め、亀山涪水に、引き寄せ绵州の00は殘りがない。
唐から越階建物が完成した日から、天下の文人墨客押し寄せ揮毫を殘した千古頌伝の経典無数の诗、歴代の詩人の詩詠越階は150余篇、中でも诗仙李白の詩』『へ「高楼高百尺、手にとることができる星ではなく、高声で語、恐怖天上人。」、詩聖杜甫『越階歌」:何绵州州都らい落、顕慶年の中越王作;孤城北西からビル、瑠璃瓦朱甍照城郭。階下長江百丈清、山の落日半丸明;王旧迹かせる賞、回転見千秋万古情。」陸遊、宋代『登越楼』:「尽くして河辺に百尺階、倚欄极目暮江秋。未甘が作衰え翁に住んでいて、両足をまだ堪九州」などで知られる天下詩。唐、宋、元、明、清歴代画家も数多く描いて越階の美しい絵巻ので、学者は越ビルは“天下の第1階の詩文」。越階は数度毀損、幾多の再建。唐末宋初され、越階大火が焼失して大半、元に行われた大規模な修復、明代のも復興したが、明代の大火はそれを徹底的に焼かれ、殘り越台。